カテゴリ

2019年05月04日

【教員採用試験】愛知県 論作文試験の特徴を紹介。

こんにちは、やまもとです(^_-)

令和1発目の記事です。

愛知県の論作文は特徴があります。受験する人は知っていますよね?

愛知県の論文はグラフ題と文章題

過去問を見ればわかりますが、「文章題」と「グラフ題」の2パターンから出題されています。

「文章題」・・・文章や詩を読んで文章を書く。

「グラフ題」・・・グラフや資料を読み取って文章を書く

論文試験は自分の考えや教育観を書く場合が多いですが、愛知県の論文は「文章」や「グラフ」を読み取る読解力も必要です。

2019年夏試験は「グラフ題」が出題される

東京アカデミーは数十年のデータを分析しているので何が出題されるのか統計的に予言することができます。

データをもとにすれば2019年夏実施の論文試験は「グラフ題」が出題されると予想。

根拠は過去の出題を見ればわかります。

2018年 「文章」

2017年 「グラフ」

2016年 「文章」

2015年 「グラフ」

2014年 「文章」

2013年 「グラフ」

・・・・と続いているわけですが、交互に出題されていますよね。

この傾向から察すれば2019年は「グラフ題」だと思いませんか?

愛知県 論作文対策ゼミ


東京アカデミー名古屋校では愛知県の傾向に特化した論文試験対策をスタートします。

論文が苦手な人や書き方、添削指導を受けたい人におすすめです。

詳細は「自治体別 直前ゼミ 愛知県論作文」をご覧ください。







posted by 東京アカデミー名古屋校 at 16:27| 教員採用試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!